home / travel diary

Wednesday, February 01, 2012

Markets are fun: Tuba guy at Colombia Flower Market


Fire Tuba?? What's that?

コロンビアフラワーマーケットでちょっと変わった大道芸人を発見。ただのチューバ吹きじゃないんです。


When I was in Colombia Flower Market I saw this innovative performer. Touch of fire makes an ordinary tuba player quite special.


 Don't know how it's done. Anyway the tuba is the most suitable music instrument for a fire blowing from a bell part of it. Trumpet would be wrong with angle, trombone too long, horn you'd burn your hand.




秋冬にかけてぴったりの炎のチューバ。ちょっと日が暮れてくると一層効果的かも知れませんね。白い手袋と腰掛けに使っているラジオがいい感じです。

Labels:

Friday, January 20, 2012

Markets are fun: Stroud Food Market in Cotswolds

 Cotswolds. I'd adapt more easily in Southern part of Cotswolds than Northern. It has hills and ups and downs which makes me feel at home. I find flat land uninviting. Perhaps because I am from a mountainous country?

The market is full of fresh supply of vegs. You get greeted by those perky looking colourful ones at the entrance of the market. It will wake you up in all senses.

 日本でも英国らしい景観で知られているコッツウォルズ地方。ロンドンから南西に向かって、車で2、3時間くらいです。毎週土曜にやっているフードマーケットに行きました。

 野菜が新鮮なのが写真からお分かりでしょう。皮がパリッと弾けそうです。私の好きなチーズ類も、牧畜地方ですので農場から運びたてのものが手に入ります。気取ったチーズではなく、ハードタイプで持ち運びもしやすい、質実剛健なもの。


 And prices tagged are reasonable. Not at all posh, which you would expect in such area.

 この子はなにを食べていたのでしょうか。甘いものかな?いや、ホットドッグかも。

 私は、英国名物のスコッチエッグ。握りこぶしほどあるので、これだけでお腹いっぱいになりますよ。下は、レインボーチャード。ほうれん草のようですが、筋張っていて鉄分も多く、万人に受け入れられる味わいではありません。名前の通り、白、黄色、ピンクや赤の茎が目をみはる鮮やかさです。

Ohh, Rainbow Chard. I grew them last year in my garden for merely adding colour in otherwise green dominated space. Their taste is really, really wild spinach. I can't decide if I like the taste but can't help being drowned to this magical colour.

Labels:

Tuesday, December 06, 2011

Markets are fun: Spitalfields Antique Market in London

 スピタルフィールズマーケットは東ロンドンの有名なインドアマーケットで、毎週木曜はアンティーク市。ロンドン価格なのでは、という先入観がありましたが、意外と買いやすい値段のものばかりであります。この日は日本の旅行雑誌の取材。


 In Spitalfields Market. A guy in charge of a furniture stall gets relaxed on his horse.


 気持ち悪いボトルストッパーが沢山。もしこんなの貰ったらいやだなあ。


 This screams PRETTY. If my kitchen got a clean slate, I'd start right from here.


店のおじさんに許可を貰い、人形を配置してみましたが、場違いなニワトリが気に入っています。




 Pretty much all of them had contents untouched. Nasty and vile? Or sweetened with age?




数年前に再開発されたマーケット。西側は金融系のビルが間際までそびえ立ち、東側はパキスタン・インドのレストランにロンドンの若者が集まるショップやカフェが混沌と存在。こぎれいになったけど中身はぐちゃぐちゃなこのマーケットは、その両者をかける橋のようなもの。

Labels:

Wednesday, November 16, 2011

A street snap

The coolest of this summer. 

Thursday, November 10, 2011

Bekonscot Model Village

ベコンスコット・モデル・ビレッジは、ベコンスフィールドという街にあるミニチュアランドです。ロンドンから車で40分くらいの所にあります。1929年に開園し、1930年代の街を模型で再現。とても細かい作りで、寄ってみたり引いてみたり、撮影に夢中になります。
ただ今、冬のメンテナンス時期に入っており、来年の2月に再オープン。オーバーオールを着た初老のおじさまたちが、一冬かけて丁寧に修理に当たっている、と想像するのも楽しいものです。



There are more than 200 buildings ( one of them is on permanent fire with smoke coming out from the top of the building), 3000 inhabitants, 1000 animals in those 6 model villages. Not only structurally speaking, a good old 30's feeling is in full swing in the air - we are looking at the "model" culture where communities function well. We should probably study it closely.